製品・サービス

熱源制御システム

PLCで、もっとフレキシブルな熱源制御を

熱源制御においては、汎用制御コントローラであるPLCを採用することで、より柔軟な熱源制御システムの構築が可能です。

熱源機群やポンプ群、バイパスニ方弁の制御を行いたい場合も、統合熱源制御装置(PLC~1組)であれば、熱源設備全体の制御を実現できます。

熱源制御システムの特長

  • 中央との通信は、汎用プロトコルを採用しているため、他社製品との連携が可能。
  • PLCのソフトウェアであるラダーチャートプログラムによって、高速安定制御を実現。
  • 制御盤組込を前提とした設計で、ノイズ等が多い過酷な環境下でも、安定した動作を実現。
  • ラダーチャートプログラムにIEC1131-3準拠のオープンソースを採用、メンテナンスが自在。
  • 統合熱源設定パネルを設置することで、中央監視との通信不可の場合でも熱源制御可能。
  • 複数台の制御機器に対応し、異容量の熱源機群制御でも対応可能。
  • 将来の熱源設備更新においても、PLCは冗長性があるため、システム変更が容易。

統合熱源制御装置のシステム構成

図:統合熱源制御装置のシステム構成例

制御内容

施設管理機能

統合熱源設定パネルからの熱源機群発令指令により、熱源機の台数制御を行い、二次側負荷熱量により、熱源機の増段・減段・現状維持を行います。

制御機能
運転順序切替、送水温度補償制御、熱源機故障時のスキップ制御、増減段時のハンチング防止、熱量演算による増減段の補正ます。

二次ポンプ群台数制御

統合熱源設定パネルからの熱源機群発令指令により、二次ポンプの台数制御を行い、二次負荷流量により、増段・減段・現状維持を行います。

制御機能
運転順序切替、二次ポンプ故障時のスキップ制御、増減段時のハンチング防止、バイパスニ方弁制御

中央監視とPLC通信

熱源機群発停および監視、ポンプ群発停および監視、計測、積算、計量、切替

製品・サービスに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にお寄せください。

お電話からのお問い合わせ
TEL 03-5828-4071
フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム