製品・サービス

監視制御システム Open SCADA「F-11」

100% PureJava 実装の、WEB対応SCADA

主にビルや工場で使用する中央監視装置として考慮された、WEB対応のSCADA「F-11」。100% Pure Javaで実装しているので、動作するプラットフォームを問いません。

クリーンルームの空調制御やビル機器制御、電力制御などで多くの実績を有しています。

F-11の主な特長

Pure Java

100%Javaによる実装で、Java 2 Standard Edition 1.4,5.0で動作します。Microsoft Windows、RedHat Linuxで実績があります。

オープンソースソフトウェア

よりフレキシブルなシステムを目指し、オープンソースソフトウェアとして開発。ライセンス形態はGPL(GNU General Public License)。プロジェクトはSourceForge.jpで公開されています。

システム構成例

Webブラウザからクライアント機能を操作可能

Java Appletによるクライアント実装なので、JWS(Java Web Start)やWebブラウザからの簡単操作が可能です。

XML

監視情報は、W3C(World Wide Web Consortium)によって勧告されたインターネット標準規格であるXML(eXtensible Markup Language)で定義されています。

RDBMS

監視データ保存には汎用的なRDBMS(Relational Data Base Management System)を使用しており、BMS(Building Management System)といった外部アプリケーションとの監視データ共有が可能です。

機能概要

  • 中央監視全般(遠隔監視・発停、機器スケジュール発停、電力デマンド制御、トレンドグラフ表示 等)
  • ユーザーインターフェースはWEBブラウザを使用可
  • ユーザー・グループによる操作権限の管理
  • 警報の電子メール送信、送信先メンテナンス機能、メール送信履歴
  • 操作ログ管理機能
  • ユーザー別・マシン別に提供するページを制御(テナント対応)
  • 警報音ON/OFF設定機能
  • JDBCによるRDBMSの使用。警報履歴・ロギング等はRDBMSに記録されます

画面キャプチャ例

画像をクリックすると拡大表示します。

画面キャプチャ例01
画面キャプチャ例02
画面キャプチャ例03

製品・サービスに関するお問い合わせはこちらまでお気軽にお寄せください。

お電話からのお問い合わせ
TEL 03-5828-4071
フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム